理念

理念 message

住宅を設計する時の基本的な考え方として、住宅は人間の生活を包込む器であると言うことが言えるとおもいます。生活を想像できない建物は住宅とは言えないのではないでしょうか。生活といっても人それぞれ、その家族それぞれのちがいがあるとおもいますので建築家の押し付けでなくその生活をおおらかに包み込んでくれる、心が安らぐような住宅を設計したいと常に思って取り組んでいます。又住宅はその町に住む人々が共有する住環境の一要素であるので、町並み、風景といった周辺環境に対して考慮し、長い将来にわたってその家族が自分達を取り巻く環境について根付いていけるような住宅を設計したいと思っております。
材料については、木にこだわり、なるべくその地域の地場の木材を使用し、本物の材料を使うことで、安易に妥協せず低コストでも本物の住宅を作っていきたいと思います。日本には伝統的によいものがたくさんあると思いますので、それら伝統的に良いものを敬承しつつ現代の日本人の生活を考慮した新しい生活空間を提案していきたいと思います。
住宅を作ると言う行為は、自分達がどういう生活をし、どう生きていくのかを改めて自分に問いなおす機会だと思います。我々建築家はそれをサポートすることだと思います。

理念 concept   家づくりについての具体的な考え方です。

■自然環境や自然条件を生かすまたは利用する。
一つとして同じ条件の敷地はないし,同じ考えの人はいないはず。日々の暮らしの中で自然の美しさや,豊かさや,多様性を感じて,その可能性を最大限生かした家づくりをしましょう。

■コンパクトにつくること 小さくつくって広く住むこと
オープンなプランや可動する間仕切りにより,生活に対してフレキシブルに対応可能な長く使える家を考えましょう。

■ 家族が集まれる家
薪ストーブや囲炉裡など,家の重心となる空間を提案。個から集へと生活の比重を変えていきましょう。

■ 地産地消の家づくり 
地場の材料で地場の技術で創る。そのことが持続可能な社会を形作っていくことになりうるし,地域の経済の活性化や文化の継承にもつながると考えます。

■ 自然のエネルギーを利用する。
極力機械式の冷暖房に頼らないで生活が出来るようにプランニングによる工夫や,生活の知恵によるものを取り入れ,家の基本性能を高めて,そのための設備に頼りすぎない夏涼しく,冬暖かい家となるよう計画しましょう。

■ 家づくりに参加する。
自分で家づくりに参加することにより買うから創るへ意識の転換を計る。そのことで”モノ”や技術への理解 や”モノ”を大事にする気持ちをもちましょう。

ページ上部へ戻る